薄毛治療

薄毛治療

薄毛を治療する方法には、ホルモンの抑制、血行の促進、細胞活性、皮脂分泌の抑制や皮脂除去、などがあります。
薄毛の治療に「ホルモンの抑制」という治療方法を行う場合、ジヒドロテストステロンを抑制することで、発毛や育毛を試みます。
また、市販の育毛剤の多くは「血行促進」を謳っていますが、このようなものは、頭皮の血行を促進させることで、毛乳頭に十分な栄養素を行き渡らせ、髪の成長をサポートします。
細胞活性による方法では、ビタミンをはじめとする栄養素を摂取することで育毛に働きかけます。
皮脂をコントロールする方法の場合、皮脂の過剰分泌を抑制したり、毛穴に詰まった皮脂を除去することで、薄毛や抜け毛を改善していきます。
薄毛の原因や状況は人それぞれ異なっているため、ここで挙げた治療を行ったからと言って、必ずしも効果が得られるわけではありません。
また、毛髪トラブルは根気よく治療を続けていかなければ効果が得られないことがほとんどであるため、治療を開始してすぐに改善効果が得られないからと言ってやめてしまうのは良くありません。
そうは言っても、治療を続けてもずっと薄毛のままでいるのでは、現在の治療法が合っているのかどうか疑問を感じることは仕方がないことでしょう。
もし、市販の育毛剤でなかなか満足できる効果が得られないというのであれば、専門の医療機関を受診したり、育毛サロンを利用してみると良いでしょう。
毛髪トラブルの悩みでストレスを感じたのでは、さらにトラブルを進行させることになりますので、専門家の診断を受け、最適の治療方法を提案してもらうと良いでしょう。

 

総合頭髪治療のすすめ方

総合頭髪治療の具体的な内容

 

ここでは総合頭髪治療の具体的な内容を紹介していきます。
初回時にはカウンセリングを実施し、薄毛の悩みについて相談したり、治療内容、料金、注意事項についての説明を受けます。
カウンセリングを受けるには事前に申し込んでおくようにします。
なお、カウンセリングは無料となっているところは多いのですが、料金についても確認しておきましょう。
カウンセリングを実施する前には、問診票に、病歴、アレルギーの有無、毛髪についての悩みや質問について記入しなければなりません。
これに基づいて、カウンセリングを行い、その後診察に入ります。
カウンセリングと初診で合計2時間ほどかかります。
初診時には、頭部の写真を撮影し、頭皮や髪、また身体の健康状態を診断します。
次に、医薬品によるアレルギーを調べるために血液検査を行います。
医療機関の中には複数の検査を採用しているところもあります。
例えば、毛髪ミネラル分析を行うことで、食生活や生活習慣を見極めることができますし、遺伝子検査では、男性型脱毛症(AGA)の治療法を探ることができます。
こういった検査を受ける場合には、別途料金が必要になるのかどうかについて確認するようにしてください。
初診時にはこのような検査を行い、2回目の診察では血液検査の結果を報告し、使用する医薬品についての確認が行われます。
そして、2回目の診察時には、薄毛治療をこのまま続けるかどうかについての意志を確認しますので、その時までに治療を続けるかどうか決めておきましょう。
3回目以降は、月に1回の定期検診を受け、様子を見ながら内服薬や外用薬を処方していきます。
ここで挙げたのは一般的な流れで、医療機関ごとに治療内容は異なります。

 

総合頭髪治療の詳細内容

総合頭髪治療の詳細内容

 

総合頭髪治療には、薄毛の悩み以外にも、男性型脱毛症(AGA)や、免疫異常が原因となっている円形脱毛症、心因性の抜け毛の治療も行っています。
総合毛髪治療では、単に症状の進行を遅らせることを目的とするのではなく、あくまでも発毛を目指して治療を行っていきます。
治療をすすめながら、太くて強い髪を取り戻すことを試みて、ボリュームもアップさせていきます。
また、総合毛髪治療では、単に頭皮や髪のケアを行うのではなく、患者一人一人の生活環境や原因を把握しながら、総合的にケアをしていきます。
生活習慣や食事内容についてアドバイスを受けたり、内服薬や外用薬を投与したり、メンタル的なケアも受けられます。
総合頭髪治療においては、最新技術を駆使して薄毛の原因を特定していきます。
そして、発毛治療には保存的療法を用いてメスを使わず医薬品による治療を行っていきます。
サイトカンなどといった生理活性物質やホルモンに作用する内服薬や外用薬を塗ることで、薄毛対策を施していきます。
なお、総合毛髪治療の効果のあらわれ方は一人一人異なっていますが、3〜6ヶ月で発毛効果が実感できるとのことです。
原因が特定できない状態で誤った自己ケアを続けても、なかなか薄毛を改善できませんので、専門医の診断を受け、適切なケアを施してもらうことをお勧めします。
そして、医療機関を受診するにあたっては、臨床実績などを確認すると良いと思います。それから、カウンセリング料、初回治療費、通院や医薬品に掛かる費用の個々の内訳について確認しましょう。

 

薄毛の原因は何か

薄毛の原因は何か

 

ここでは、どのようなことが薄毛の原因となるのか把握するようにしましょう。
薄毛の原因の代表には、ストレスや代謝異常があります。
毛根まで栄養がしっかり届けられず、髪の成長が止まってしまうことで毛髪トラブルを発生するとのことですが、現在のところ詳細なメカニズムは解明されていません。
また、生活習慣の乱れも薄毛の原因となっています。
日中にダメージを受けた髪は、就寝中に修復されます。そのため、睡眠をしっかりとらなければ、髪を成長させることができずに薄毛になってしまうのです。
それから、暴飲暴食は髪の健康を阻害する原因となっていますが、逆に栄養不足も薄毛の原因になります。
特に、タンパク質を十分に摂取しないと、髪が十分に成長できなくなってしまいます。
また、紫外線も髪にはよくないものとされており、紫外線を大量に浴びると、髪に悪影響を及ぼし、薄毛を助長してしまいます。
さらに、ヘアケア法が間違っていることも薄毛の原因となります。
頭皮に合わないシャンプーを使用したり、ヘアカラー、パーマを頻繁に行う方は注意してください。
そして、男性ホルモンのテストステロンも薄毛の原因となっています。
テストステロンが大量に分泌されてしまうと、このテストステロンが毛髪の成長を阻害し薄毛を進行させます。
この男性ホルモンによる薄毛は、遺伝的要素が強いため、直径家族に毛髪トラブルに悩まされている方がいるのであれば注意が必要です。
薄毛のサインを感じたら、その原因を把握し、解消する努力をすることが大切です。

 

薄毛対策について

薄毛対策とは

 

薄毛を予防するには、健康的な生活を続け、遺伝以外の原因を作り出さないことが重要になります。
もし、生活習慣が乱れているというのであれば、毛髪トラブルを進行させないためにも、生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。
それほど難しいことではなく、心がけ次第で薄毛が改善されていくかもしれません。
まずは、生活習慣や食生活を見直してみましょう。
栄養バランスを考えた食生活を続けることで、髪に必要な栄養素がしっかり毛根まで届けられるようになります。
また、ダメージを受けた髪は就寝中に回復しますので、充分な睡眠が必要です。
早めの就寝を心掛け、暴飲暴食や偏った食生活を改めるようにしましょう。
それから、毛髪トラブルの予防には、ストレスを溜めこまないことがポイントとなります。
そうは言っても、現代社会においてストレスを全く受けない生活は考えられません。
そのため、ストレスを上手に発散することが重要となってくるのです。
そして、毎日適度な運動を行うことを習慣化することで、健康的な生活が送れます。
それから、タバコや酒は控えることをおすすめします。
タバコは血行を阻害する最大原因となりますし、アルコールを分解するにはアミノ酸が必要となりますので、髪を生成するために必要となる成分まで失われてしまいます。
ここで挙げたことを実行し、それでもなお薄毛が解消されないのであれば、他の原因を疑ってみると良いでしょう。
もし、市販の育毛剤を一定の期間使用しても改善できないのであれば、専門家の診断を受けることをお勧めします。